投資 資産運用 FX 仮想通貨

JAZZY K BLOG

借金280万から資産3000万へ

第11章 暗黒社会人時代(1)

大学最後の年に就職活動をしたが、皆が10社以上エントリーする中、俺は1社に絞っていた。

 

 

何故かというと、社長がドレッドだった。

 

 

 

基本は文房具や事務用品を販売しながら、今までにない切り口で商売を展開する熊本の会社。

 

 

しかもブラザートムに似たイカした社長。

 

 

是が非でもこの会社に受かって、俺のクリエイティブな面を輝かせよう!そう思っていた。

 

 

約50人以上がエントリーしている中で、四次面接まで残り、最終4人に絞られた。

 

そして、最後は俺と同僚のR君2人が合格!

入社を決めた。

 

 

皆が就活で苦しんでいる中、持ち前のコミュニケーション能力で勝ち取った勝利だ。

 

 

嬉しさよりも、俺は絶対いける!と自分を信じていたのが勝因だったと思う。これはその後の人生でも色々と課題になっていくが。

 

 

入社祝いのため、熊本のJ社は、俺らを高級中華料理屋に連れてきてくれた。

 

 

 

美味い。

 

 

大学生活を謳歌した俺は、就職も楽勝で決まって、この最高の会社で人生イージーモードで突っ走っていける事は確定したな、、とフカヒレに舌鼓を打ちながら、そう感じていた。

 

 

 

そして、熊本に一人暮らしの準備を進め、親たちも俺の為に陰で貯めていてくれた30万を口座に入れてくれ(自分でも30万貯めていたので、60万)、ある程度余裕を持ったスタートが切れると思った。

 

 

いよいよ出勤初日。

 

優しい先輩方。

 

面白い、かつ勢いのある社長。

 

最高の環境。

 

 

 

のはずだった。

 

 

 

 

あくまでも文房具屋の大手だったので、初日に検品をしていて思った。

 

 

あれ、なんかコレじゃない、、

 

 

 

 

 

そして、その日から地獄の1年半が始まろうとは、この時知る由も無かった。

 

 

 

第12章に続く。

これまでの経歴も良ければお読み下さい→JAZZY Kの経歴(キモヲタからヤリチンまで)